新着情報 | 栃木市の水漏れ修理、水回りリフォームのことなら株式会社山中設備工業

新着情報

水漏れ修理、水のトラブルについて

2018/09/20

急にトイレが流れなくなったとき、詰まったとき、水漏れを起こしているときは、無理に水を流そうとするのをやめましょう。大変だ!と慌ててしまいますが、例えばトイレが詰まっている状態で無理に流し続けることで、排水されないトイレの中の水の水位が上がって、トイレの便器の中の水が溢れてしまいます。

こんなときは、まず落ち着いて、水を流すことをやめて、トイレの水漏れが、便器の中の詰まりか、便器の破損、タンクの中からか、パイプから出ているかを確認しましょう。

便器の中の詰まりの場合は大きなゴミ袋の中に手を入れて、便器の詰まったものを取り除くか、吸引器、吸引カップ、スッポン、パッコン、プカプカと呼ばれる「ラバーカップ」で詰まりを取りましょう。

トイレのどこからか勢いよく噴水のように水が出ていたり、ポタポタと水が垂れる、または管が濡れている場合は、落ち着いてトイレを観察して、便器への水が来ているホースやタンクをたどって止水栓と呼ばれる部分を閉めることができれば、水が止まる可能性が高いです。しかし、長年動かしていない固い止水栓を無理に捻ることで、配管が破損し大きな問題が起こる可能性もあります。もしすぐに止水栓を止めることができなかった場合は、すぐに当社のような水まわりのトラブルに対応できる業者へすぐに連絡を入れて、家屋全体の水道の元栓を止めて被害を最小限に押さえましょう。

水まわりのトラブルは、水漏れを直そうとするのではなく、被害を最小限に抑えて、業者に連絡をすることが大切です。

ページのトップへ